デジクロBLOG 2009年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新タブレット

新タブレット「バンブー」

タブレットで描き心地が、こうも違うのかと。
PhotoshopCS2で、あまり線がガタガタしないのに、ショック。

Intuos3なんだったのよ!
Intuos4どんな感じよ!!

いやぁ・・・Intuos4欲しいわ!

そんな初バンブーで現在、ペンギンクラブ用の
カラー漫画を作画中です。発売をお待ちあれ。
たぶん、年内最後の仕事になる・・・かな?
(掲載号は来年になるかもしれんけど)

これが終わったら・・・同人だ(激汗)。
スポンサーサイト

壊れた

急にタブレットが壊れた!!
ウンともスンとも言わない。

・・・仕事も修羅場とかじゃなくて良かった・・・。
でも直ぐ必要になるので「まぁ、そのうち買えばいいや」と
のほほんとは出来ない。

(半分)デジタル作家にとって、厄介な話です。
紙と鉛筆があれば良いだけじゃないですからね。

・・・ってなことで、近所に新しく電気屋がオープンしてて良かった。
直ぐ買いに行きました。

オゼゼは必要なので、Intuos4や液タブなんて贅沢品は買えず、
バンブーを購入。

描き心地は・・・また、そのうち。

面倒といえば面倒ですが、
だからといって、完全アナログに戻る気は無いのよね・・・。

ライトフライト

金曜日に
TEAM NACS SOLO PROJECT「ライトフライト-帰りたい奴ら-」
(戸次重幸脚本、福島サブロウ演出)
大阪公演初日を観劇してきました。

いやぁ・・・バカバカしかった(笑)。

最初っから最後まで「笑いだけ」
感動して泣かすとか、深いセリフがあるとか、
一切無し!
笑って、笑って、笑って疲れて帰ってもらう!! それだけ!
難しい事なんて何一つ無いので、「お芝居か・・・」と構える必要がありません。
気軽に観に行ってOK。

「俺は、こういうのがやりたかったんだッ!!」
っていうシゲちゃんの叫びが聞こえてくるような芝居でしたが、
出演者が凄く生き生きと演じているのも、楽しく感じたトコでした。

今日で大阪千秋楽、残りの札幌公演、
体調を壊さずに乗り切ってほしいトコですが、
あんだけ叫んで、動いたら、風邪も引かないかな(笑)。

P3P

冬コミ受かりました。
木曜日 東地区 "キ"-43b「digiX」

夏コミ新刊「Happy Go Lucky」は、虎の穴で絶賛通販中。
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0010/19/25/040010192525.html
----------

さて。

冬コミ新刊の執筆で、お忙しいと思いきや。
はずかしげもなく告白すると・・・

ただ今、「ペルソナ3ポータブル」に、だだハマりしているっ!!!

PS2版を1度プレイしている。クリアはしてないけど。
1度プレイしてるのに、何故か、新作の感覚で
ハマってしまっている!!

まったく・・・恐ろしいゲームです。

移動は簡易式になって、便利になりましたが、
ポリゴンキャラの演出が無いと、なんとも画面が寂しいですな。
コロちゃんを散歩させてる時とか、
神社の娘と遊んでる時とか、
水着とか水着とか水着とか。

P4Pの時は、なんとか! 無理? いや、そこをなんとか!!

冬コミ

冬コミ受かりました。

木曜日 東地区 "キ"-43b「digiX」

です。
新刊はただいま、準備中です。
内容はペーパーにも書いた通り、みわチャンとのコラボ本になります。

どうなるか分かりませんが、
また、コスROMスペースになる気配が、盛りだくさんです。
大晦日、お待ちしております。

THIS IS IT

金曜日、マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」を観て来ました。

1曲目から何故か涙腺が緩みっぱなしで、
ラストの「マン・イン・ザ・ミラー」では、すすり泣く声も聞こえました。

映像自体は、ご存知の通り。
単にリハーサル風景を編集したものですから、
本気のパフォーマンスでは無くて派手さには欠けるし、
ラインナップは定番の曲と、おなじみのパフォーマンス。
コアなファンには目新しさは無いかもしれないが、
「ゴースト」のPVを再現したような「スリラー」は、圧巻でした。

本番だと、どんなステージになってたんだろう?

他にも「Beat It」で「ここでジャケットが燃える」とか言ってたし、
サウンド・チェックで、映像や特攻などの演出面のチェックは別で、
これらが全て合わさった時、どんなステージになってたんだろ?

「本番が(DVDとかでもいいから)観たかった・・・」

今更言っても仕方無いけど、最後にはその思いばかりでした。
大音量で聴いてたら、そら、余計そう思うわ(笑)。

慣れないイヤモニに文句を言うマイケルや、
照れ笑いを浮かべたり、細かい指示を出したり、
「唄いたきゃ、本気で唄えよ」とスタッフにツっこまれたり、
いろんなマイケル・ジャクソンの表情がありました。

DVDやブルーレイで発売するのか分かりませんが・・・というか、
発売するんだろうなぁ。発売されたら買うけどね。
プロフィール

大嶋亮

Author:大嶋亮
エロ漫画家・漫画家の大嶋亮です。

最新記事
大嶋亮のTwitter
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。