デジクロBLOG THIS IS IT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THIS IS IT

金曜日、マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」を観て来ました。

1曲目から何故か涙腺が緩みっぱなしで、
ラストの「マン・イン・ザ・ミラー」では、すすり泣く声も聞こえました。

映像自体は、ご存知の通り。
単にリハーサル風景を編集したものですから、
本気のパフォーマンスでは無くて派手さには欠けるし、
ラインナップは定番の曲と、おなじみのパフォーマンス。
コアなファンには目新しさは無いかもしれないが、
「ゴースト」のPVを再現したような「スリラー」は、圧巻でした。

本番だと、どんなステージになってたんだろう?

他にも「Beat It」で「ここでジャケットが燃える」とか言ってたし、
サウンド・チェックで、映像や特攻などの演出面のチェックは別で、
これらが全て合わさった時、どんなステージになってたんだろ?

「本番が(DVDとかでもいいから)観たかった・・・」

今更言っても仕方無いけど、最後にはその思いばかりでした。
大音量で聴いてたら、そら、余計そう思うわ(笑)。

慣れないイヤモニに文句を言うマイケルや、
照れ笑いを浮かべたり、細かい指示を出したり、
「唄いたきゃ、本気で唄えよ」とスタッフにツっこまれたり、
いろんなマイケル・ジャクソンの表情がありました。

DVDやブルーレイで発売するのか分かりませんが・・・というか、
発売するんだろうなぁ。発売されたら買うけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大嶋亮

Author:大嶋亮
エロ漫画家・漫画家の大嶋亮です。

最新記事
大嶋亮のTwitter
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。